交通事故弁護士で楽しくアクシデントを乗り切ろう

交通事故の解決方法

 交通事故の被害者が、個人で示談交渉するのは避けるべきです。

加害者が任意保険に加入していて、交渉相手が任意保険会社であった場合は、
到底太刀打ちできないからです。相当不利な条件で示談することになる
可能性が高いので、弁護士に交渉を依頼することが望まれます。

できれば事故直後から依頼したほうが良かったわけですが、最後まで
弁護士に依頼せず示談成立となるより、ずっと良い状況と言えます。 
弁護士に依頼する場合は、事故状況をできるだけ詳しく示せるよう、可能な限り
資料をそろえて持って行きましょう。

落ち着く空間

現在は弁護士の相談料は自由化されていて、無料で交通事故相談を
引き受けてくれる法律事務所が数多くあります。

都市部に住んでいる場合は、複数の法律事務所で相談し、最終的に依頼する
弁護士を決めたほうがいいでしょう。 交通事故は極めて専門性の高い分野ですので、
ぜひとも交通事故専門の弁護士に依頼すべきです。

被害者が弁護士に依頼したとなったら、任意保険会社の顧問弁護士が出てきます。
プロ中のプロですから、被害者側にも対等に渡り合える専門家が必要です。

目を引くもの

専門家であれば、判例を熟知していて、最新の傾向もわかっていますので、
任意保険会社が妥当な示談に応じない場合は、裁判をしたがります。
裁判結果がわかるので、強気の交渉ができるわけです。

任意保険会社の顧問も裁判結果がわかるので、無駄な裁判は避けようとします。
裁判費用の支払い命令まで出るからです。