交通事故弁護士で楽しくアクシデントを乗り切ろう

交通事故の解決方法

 他の事故や事件と違い、交通事故の件数は非常に多いため、ある程度類型化して大きく分け、
そのうえで賠償額についてはっきりとした基準を定めています。

目印

それを踏まえてのケースバイケースの対応となるのが、交通事故裁判です。
件数が多いゆえに、極めて専門性の高い分野です。裁判では公平性を保つため
判例は無視できないものとなっています。

そのため、裁判の場では、幾多の判例を知り尽くしているかどうかが鍵になります。

判例数は膨大な数になりますので、普段他の分野を担当している弁護士が、
プロ中のプロである任意保険会社の顧問弁護士と対等に渡り合うのは難しいでしょう。

弁護士は常に複数の案件をかかえています。
急に知識を深めると言っても、時間的に困難です。

それよりも、常に交通事故を専門に扱っている弁護士に依頼することです。 
そうした弁護士であれば、任意保険会社の顧問弁護士は訴訟を避けようとし
妥当な示談に応じようとすることが多いですし、訴訟に至っても
途中で和解しようということになりやすいものです。

判決で訴訟費用の支払い命令が出る可能性があるからです。
交通事故専門の弁護士であれば、判決が予測できますから、
通りそうな主張しかしないものです。

優しい

被害者はその力に頼るのが一番です。 
なお、被害者が本人訴訟するというのは、交通事故の場合は無謀と言えます。
弁護士ですら、専門外だと難しい分野です。
専門家同士の高度な交渉の場ですから、専門家に依頼することです。