美容と健康のための水素点滴

水素の研究の歴史

水素治療

この研究が本格化されたのはこの数十年の話ですが、実は地球が生まれた時から
水と同じくらい豊富に水素も存在しています。水素の存在


しかし豊富な資源だからこそ長い年月の間見過ごされてきてしまい、
実用的な研究対象として見直されるようになったのが第二次世界大戦後です。


丁度、宇宙開発の歴史がスタートした時でもあり、宇宙で最も存在する気体が水素が
地球には水という形でたっぷりと存在しています。


各国の研究者は、水素が宇宙にたくさんあることを知り、地球の未来を考えると水素の利用が必要不可欠だと感じました。


この研究は燃料としての活用と、人体への好影響に期待する医療の現場の大きな2つの道に分かれました。
いまだに研究・技術開発は発展途上の状態なものの、生活に活かせるように徐々に成果も現れているのも事実です。


水素研究の第一人者の太田成男教授は、2005年から着目して研究を初めて
2007年にネイチャーメディシン電子版にその研究を発表しています。

研究


この発表をきっかけに世界中でも進められるようになり、2012年に世界中で発表された論文が250になりました。
日本でも40以上の機関が水素や水素水の研究を進めていて、現在では医療に応用することを目的に
研究会も発足されたり、様々な可能性が高まっています。


太田成男教授に加えて、さらなる可能性を高めるための研究も始められています。
例えば金属水素は、-259.2℃以上-252.6以下だと液体になり、圧力をかけたり負荷を加えると金属化すると考えられます。


この研究は仮説段階で、未だに裏付けられるような実験や結果も発表されていないのが現状になります。
もしも、金属化することが証明されれば超伝導も可能となり、今以上にエコな社会を実現して
様々なもの造りの現場での技術が大幅に確信されると期待もされています。


過去から現在、そして将来にわたりこれからも熱が高まる水素の研究は目が離せないものになります。

 

 

水素点滴  注目  話題  治療  美容点滴  美肌  影響   高濃度ビタミンC点滴   料金比較   水素の歴史  がん治療への効果  サイトマップ